脱法ドラッグを危険ドラッグに名称変更するそうです

kiken
脱法ドラッグの名前を変えて危険ドラッグにするそうです。
名前を変えてもやる人はやるし、やらない人はやらないと思うんですが、なんでこんな茶番をするのかわかりません。

もともと脱法ドラッグは合法ドラッグという名前でした。たかだか3年ぐらい前です。ずっとずっと前は合法ドラッグって名称ですらなく普通にハーブとかそんな感じで入手できたと思います。
結構前ですがマジックマッシュルームが流行って伊藤英明がおかしくなって問題になりましたよね。当時は違法ではないので捕まらなくてすんだんですが、その後マジックマッシュルームは違法になりました。日本より遅れてイギリスなどでも規制されたんだそうです。

話がそれますが海外って日本より規制がゆるい印象です。ゆるいんじゃなく規制があってもみんなやってるってことなんでしょうか?逮捕がそんな大きなことじゃない感じにみえますよね。不思議ですね。
マジックマッシュルームに代わってラッシュというものが流行りました。一時期ネットなどで売れまくっていた記憶があります。ラッシュも規制されてしまいました。

MDMAとかも流行った記憶があります。MDMAといえば押尾学ですね。あの人の一件で一気に有名になった気がします。すでに押尾学って名前が懐かしいですね。
今何してるんでしょうか?
覚せい剤や大麻がダークなだけでなく古いイメージがあるのに対して、合法ドラッグはかっこいいというか今風なイメージがあったと思います。
クラブとかで。
ただ合法ドラッグという名称はヤバいですよね。前に「合法ってことは国が許してる」って解釈していた人がいて驚きました。
さらに「国が勧めてる」と言いだす人もいて、あきれそうになりました。そんな言葉が出てくること自体がすでにクスリの影響をうけていたのかもしれません。
成分はほとんど麻薬のたぐいと同じなのに化学式がちがうからって理由で違法ではない、というより違法にできないだけで、危険性は同じかそれ以上です。
だからこそ危険性を感じた警察などは「脱法ドラッグ」という名前に変えました。でも悲惨な事件が起きました。そこで名前をさらに「危険ドラッグ」にしようというわけです。
でもこないだの車の暴走といい危険な事件ってここ最近急増してるんです。名前が脱法ドラッグに代わってからです。これがなんでか考えて欲しいと思います。
むしろ脱法や危険という名前になることでより欲しがる人が増えてるんじゃないでしょうか?

高円寺のゆるキャラコンテスト

高円寺ゆるキャラ
高円寺のゆるキャラ募集コンテストが思わぬ形で話題になってるのご存知ですか?
これは高円寺商店街連合会の公式キャラクターの募集で6月13日からはじまりました。

高円寺の街や人をイメージし、大人から子どもまで親しみやすくて、着ぐるみやグッズなどになることを想定したデザインというテーマで、応募条件はプロ、アマ不問で高円寺が好きな人。
もちろん高円寺に住んでいる必要はありません。1ファイルに1キャラで3点まで応募可能。応募できるキャラは未発表のオリジナルで11月1日に行われる最終選考会に参加可能な人だそうです。
特に応募条件も珍しくなく、ふつうのゆるキャラ募集コンテストになるはずだったこの高円寺商店街連合会ゆるキャラ募集ですが、7月になりふつうのコンテストと様相が違ってきたのです。

なんと、すでに活躍中の他のゆるキャラが応募してきてるのです。
簡単にいえば中野のゆるキャラ(がいたとして)が高円寺ゆるキャラコンテストに応募するという状況が続出してるんだそうです。
石神井のゆるキャラ「しゃくジィ」や吉祥寺“非公認”ゆるキャラ「ジョージZ」などからはじまり、パルコのゆるキャラ「パルコアラ」まで応募してきたのだとか。
「高円寺にパルコはないのですが参加できますか?」と問い合わせがあったそうです。
っていうか「未発表のオリジナル」って書いてるじゃん、募集要項にって思うんですが。

ただ「他のゆるキャラが応募してきた」ってことをツイッターで告知してるあたり、わざとやってる感もあると思うんです。
高円寺のゆるキャラコンテストに他のゆるキャラが応募してきた!ってことにして話題になれば、高円寺ゆるキャラコンテストへの「正当な応募」も増えるでしょう。
しかもパルコのキャラなどはこの騒ぎにのっかって宣伝できるわけですし、両方にメリットのある企画です。考えた人はなかなかだと思います。
こんなことしなきゃ高円寺のゆるキャラコンテスト程度ではなかなか募集集まるものじゃないですからね。

一方でキャラクターをタレントだと考えた場合、他に移籍するってのはアリだと思うんです。
営業活動みたいなもので、吉祥寺から高円寺への移籍は近すぎるとしても、別の「~寺」とか名前がついてる街から「高円寺も制覇したいです」的にやってくるのはありなんじゃないかと。

今度は愛知で問題発言

地方議会の議員のレベルが低いなんて昔からわかりきっていたことだと思うんですが、先生や警察、議員などの肩書に弱い人というか、
そういう人が清廉潔白であってほしいという願望が社会には根強く存在するのは事実です。

彼らにとっては「絵にかいたような立派な人」が存在することで、自分たちが気に入らない人間に対しての水戸黄門のような力になってもらえるという思いがあるんでしょうが、水戸黄門だってよく考えたらろくなもんじゃないかもしれません。勝手にお前が裁くなって感じですよね。リアルな水戸黄門はあんなに遠くまで旅しなかったそうです。
当たり前ですが徒歩で全国旅するのにどれだけ時間かかるかって話です。番組を伸ばすためにああなったんだろうと思いますけどね。

さて、野々村議員をはじめ地方議員がやばいってのがこの頃どんどん暴かれてきていますが、愛知県の新城市の長田共永議員が6月の定例市議会の一般質問で「婚姻届を出した人には穴の開いたコンドームを配ったらどうか」と発言したんだそうです。その発言は議事録から削除されるようです。そして夏目勝吾議長が厳重注意したんだそうです。市民から不愉快だとの苦情もあったそうです。

この議員ですが精力が付くジネンジョというものの配布も提案していました。
現実問題として穴が開いてると知ってるならつけないですると思うんですよね。知らないでできちゃった場合に市がサポートしてでも人口を増やすということなんでしょうか?
でもこの考え方って実は一神教の宗教に近い発想ですよね。あちらの保守的な宗教では避妊を認めてませんし。
奥さんとしかしてはいけないとか生理の前後を含めた期間はしてはいけないというのは、明らかに妊娠しやすくするための発想で、数千年前から人を放っておくと少子化になると知っていたんでしょうね。
先人は立派です。

議員は「不謹慎な発言だったかもしれない」と付け加えていたそうで自覚あったんですね。だったら言わなきゃいいのに。必ず非難する人が現れるんですから。
「第三者や子どものいない人を非難するつもりはなかった」と取材に答えているそうですが、子供のいない人を非難してるとは思えないんですが、そういう文句をつけた団体とかがいたんでしょうか?
それより永久脱毛に補助金出せばいいのにって思います。田舎の女の子がみんなきれいになれば男子もがんばりますよ!

謎が多い事件ですね

岡山で小学生が誘拐された事件は無事小学生の女の子が発見されました。まずはよかったですね。
みなさんご存知かもしれませんが岡山県倉敷市で小学5年生の女の子が行方不明になりました。
女の子の持っている携帯のGPSは途中で電波が途切れ、お母さんがその夜に電話しても出なかったそうです。そこで警察に通報。
誘拐される前から不審な車が何度か家の前を通ったりしていたそうで、お母さんがその車のナンバーを覚えていたことや、近くで車のナンバープレートを付け替える作業をしている様子を目撃していた人がいて、その人が付け替えたナンバーを覚えていたことから犯人が浮上、家に乗り込まれて解決したそうです。

でも、不審な車のナンバー覚えるとか、ナンバープレートの付け替えなんてあまりしない作業(つまり怪しいこと)だからといって、そのナンバー覚えてるって、
岡山の一般市民は記憶力がいいというかなんというかすごいですね。

犯人は49歳の男だそうです。部屋にアニメのポスターなどが貼ってあったという証言がテレビで流れてネットでは「またオタクバッシングだ」と騒いでいましたが、
残念ながらこの種の犯罪とある程度関連があるのは事実だと思うんですよね。

ただクラブ好きがみんな脱法ドラッグやるわけじゃないのと同じでアニメ好きがみんな幼女誘拐するわけじゃないので、それはみんな知ってる話です。
過剰に反応してる人は多少自分が予備軍だった自覚があるのかもしれませんね。

「好み通りに育て、結婚するつもりだった」と犯人は供述しているそうですが、結婚するとして戸籍はどうするんでしょうね。
結局そこで問題になるじゃないかと思います。
最初の報道では突入した時女の子はくつろいでテレビを見ていたそうです。で、「何?」と警官隊に驚いたそうです。
この辺も含めると警察の発表が後付けに感じます。

前相模原で女の子が行方不明になったときも無理やり連れ去られた感がありませんでした。
今回、犯人を尾行していた警察が大量のお菓子を犯人が購入したから突入に踏み切ったと言っています。
それは結論から言えば正しかったのですが、大人が単にお菓子を大量購入しただけでスーパーの店員が怪しいと通報するような世の中にならないことを願います。

奥多摩ツーリング

東京って意外と広いと思う。
東は江戸川まででその先は千葉県だし、北は水元公園や赤羽あたりで荒川越えたらもう埼玉だし、南側は多摩川越えたら神奈川県になる。

東京では電車通勤がほとんどだから電車が通っているエリア以外はあまりわからない。そうなると西側は八王子、町田が西の外れという印象だ。
だが八王子も地図でみると東京のだいたい半分より少し東側でしかなく、その北西に広大なエリアがある。奥多摩だ。

奥多摩方面に電車で行こうと思うと立川で青梅方面に行かないといけない。
拝島、福生、青梅とここら辺までは市街地の景色が続くがここから先、景色は一気に変わる。
車だと八王子バイパスから滝山街道を経て411号に入るのだが、八王子から北上してあきる野に出るまでの間に東京なのになんなんだこの山道は思うような山道を走ることになる。
その後411号で青梅駅近くまでくると、そこからは奥多摩線とだいたい並走することになる。
青梅より向こうは景色が山々に囲まれた一本道という感じになる。距離にして20キロ弱を走ることになり、電車でも50分弱かかるのだ。

こうしてたどりついた奥多摩だが、東京なのに3県ぐらい超えたような気分になる。その分自然の雄大さも見事だ。奥多摩は民宿などもあるので、夏は学生がキャンプとか合宿で来るようだ。
目の前を流れているのは多摩川らしいが、ここだと水が澄んでいてきれいだ。これがなんで下流であの汚い川になるのか不思議でならない。一回ボートにWEBカメラでも載せてここから河口まで下らせてみたい。
そんなことを考えながら奥多摩の美しい風に吹かれていたら上手く周囲の髪で隠していた頭頂部の薄毛があらわになってしまった。おっとあぶない。周囲に人がいないか確かめる。
さすがに奥多摩だと人がいなくて一安心だ。

しかし、このまま薄毛が進行すると自然のなかでそよ風に吹かれることすらはばかられるようになる。なんとかしなくては。
そうだ、ここは自毛植毛に挑戦してみようではないか。先日WEBで薄毛治療を検索して発見したのだが、後頭部の毛をばれないように切り出して移植する手術があるんだそうだ。
それが自毛植毛。自分の毛、生きた毛を移植する。移植した毛根部分の生着率も高い。移植後ちゃんとそこで生きるようになってくれれば、毛包幹細胞という毛のもとになる細胞を作る細胞も生きていて、毛母細胞を作り続けてくれるんだそうだ。幸い私の後ろ髪は頭頂部を隠すために伸ばしてあるので、少しぐらい切り取った箇所があとになってもばれない。これはやるっきゃない!

綾瀬の東綾瀬公園

東綾瀬公園
東京都足立区にある綾瀬駅ですが、駅前にイトーヨーカドーがあります。ここはそんな大きくはないですが地元の中高生にとってたまり場のようになっています。
昔の綾瀬はぶっちゃけ危険で怖い感じの若者も多かったそうです。でも20年ちょっと前に駅前に交番ができて治安がよくなったそうです。
今でも雰囲気はちょっとうらぶれた感じがありますが、逆にそれがいい雰囲気になっていると思います。常磐線の高架下をはさんだ反対側にはちょっとした商店街があります。
ただこの一帯は隣駅の亀有にアリオ亀有があって、車や自転車ならそこに買い物に行けますから商店街はすたれていくんでしょうか。
話を戻してヨーカドーの裏を少し進むと東京武道館があります。日本ではなく東京武道館です。東京武道館は斬新なデザインです。エヴァンゲリオンにでてきそうです。
中は純粋にスポーツ施設なんで外観とのギャップがまた魅力的です。

その裏側に緑地があって、これが東綾瀬公園という公園です。地図でみるとわかるんですが極太の緑地がU字型にカーブしている形状です。
なんでこんな形にしたんでしょうか?もともと川だったような気がしますが、調べてみたらかつては水田だったそうです。
それにしてもこの形状にしたのは謎です。
ここをさらに先に行くと北綾瀬公園があり、そこの前にも公園があります。意外と公園が多いのがこのエリアの特徴です。

話は変わりますがAGAって知ってますか?男性型脱毛症のことなんですが、男性型脱毛症というのは男性ならではの脱毛、つまり薄毛です。
主にひたいと頭頂部を中心に髪が抜けてなくなっていきます。日本人の2割程度がこのAGAだと言われていますが、印象としてはもっと多い気がします。
これ、実は治せるんです。毛髪は抜ける前にだんだん弱って細っていくんですが、その段階であれば進行を食い止め復活させることが出来るんです。
AGAのクリニックに行くと服薬による治療が行われます。よく使用されるのがフィナステリドの錠剤です。
薄毛の原因となる男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の作用を抑える効果があり、薄毛の進行を抑止、弱った毛根への血流も復活するんだそうです。
ただ、この薬は割って飲んだりしてはいけません。
ホルモンに作用するので妊婦さんなどが成分に触れると問題が起きたりするのです。
薬は正しく服用しましょう。

昆虫マニア

もしあなたがか、子供が小学生ぐらいで昆虫に興味を持っていて、どこかに昆虫採集に行きたいとせがまれても遠出するのが面倒だったり休みが取れないなら、
都内でもわくわくするような昆虫体験が味わえる場所があるので、近場で冒険することをおすすめします。

東京都練馬区の光が丘公園は23区内ながらそのワイルドさが最高にクールな昆虫ゾーンです。
こういった公園では定期的に芝刈りをします。
個人的には自然にまかせて人間の背丈を超える草むらがばんばんあってもいいと思うんですが、草刈りに予算を計上することで生活できている人もいるのでしょう。
草刈り直後の夜は住みかを失った流浪の巨大昆虫がマラソンコースにあふれ出します。ナナフシや中にはカブトムシまでいます。
23区と思えない巨大ぶりに度胆を抜かれること間違いなしです。

代々木公園も光が丘公園と並んで人工の公園ながら100年を経て自然に近い森になっています。
セミやクロアゲハ、アオスジアゲハならたくさん見かけます。

水元公園は釣りのメッカですが昆虫もいっぱいいます。光が丘や代々木公園のような人工の公園ではないので、ガチ自然の豊かさを感じ取れるでしょう。
池があるのでトンボがたくさんいますね。ヤンマやチョウトンボなどトンボの数に圧倒されることでしょう。
あとチョウもムラサシシジミなど多彩で、都心では見られないようなものも発見できます。

多摩動物公園にいけば珍しいチョウなどが展示されているので、採集はできませんが、子供たちは非常に楽しい思い出を作れるでしょう。
私も子供にせがまれ、自分でも子供の頃昆虫好きだったのでいろんなところに行きたいのですが、この夏はAGA治療をしようと思っているので、病院のカウンセリングを予約してしまいました。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが原因で起こるそうですが、もう毛根自体がなくなってしまった場合は自毛植毛しかありませんが、まだ髪が生きてる状態ならフィナステリドという薬で男性ホルモンを抑えて、薄毛の進行を抑止できるんだそうです。プロペシアという名称で錠剤としてフィナステリドが流通してるそうなので、これを処方してもらえたらいいなと考えております。

息子の笑顔より髪のある人生を取り戻します。

新宿

今江古田に住んでいる。今日はこれから新宿のAGAクリニックに行くのだ。
江古田は学生街だ。日芸をはじめ武蔵大学、武蔵野音大など、数多くの大学がある。駅前の商店街も華やかだ。
ここにある本屋ではいまだにマンガが立ち読みできる。あとアニメのムック本などにもビニールをかけてない。
25年ぐらい前の本屋の雰囲気を残している。
そうでもしないと池袋の大きい本屋に勝てないもんね。

そのとなりの駅は東長崎。
なんで東長崎?って思うが、なんでももともとそういう地名だったそうだ。
鎌倉時代に長崎氏(平氏)の所領があったからだという。ちなみに東が付いた理由は九州の長崎と区別するためだ。

次が椎名町。何年も前、ここの一帯は工事をしていた。00年代の後半のことだ。
もともとは本当に田舎っぽい、風情のある駅だったのだが、バリアフリー対策や老朽化のため、立て直したようだ。
あと山手通りぞいだったが、歩行者の導線がよくなかったと記憶している。
そこで駅を改修、きれいにしたわけだ。
駅前のマクドナルドは電源のある席があってとても便利だ。
ちなみに椎名町は有名な事件の舞台になった。「帝銀事件」といえば教科書でも紹介されているほどだが、その事件の舞台になったのがここ椎名町だ。

そして池袋で電車を乗り換え、新宿へ。
西新宿の新宿新都心のなかにあるクリニックで服薬の効果を撮影してもらう。
AGAは男性の薄毛のことだが、実は服薬で進行を食い止めることができるようになってきた。
フィナステリド薬という錠剤が主に使われている。
このフィナステリド薬は男性の薄毛の主要因であるテストステロンが変化した男性ホルモンのあつ、ジヒドロテストステロンのちからを弱めてくれるのだ。
だからAGAの進行を抑えてくれる。
しかし同時に性欲減退などの副作用が出る場合があるというので、そこを慎重にカウンセリングされた。
しかしあまりそんなことは感じなかった。
また例えば妊娠中の女性が錠剤の破片などに触れた場合、男子を妊娠していると影響がでるかもしれないという。
それもうちは心配無用。
さて、順調に髪も復活してきたし、またモヒカンに挑戦してみようかな。

本屋で暇をつぶす日々

いま、AGAの治療をしている。
AGAとは男性型脱毛症のこと。いわゆる薄毛だ。
薄毛って男性ホルモンのテストステロンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが原因だという。
これが毛の成長サイクルを早めてしまし、毛根のある毛包が血管から栄養を取り込みにくくして、その結果毛が早死にし弱って、最後には毛根自体がなくなって無毛になってしまう。
立派な病気だと思うのだ。
さすがにいったん毛根すらなくなってしまった頭皮に毛をうみだすことはできない。
毛髪は毛包幹細胞という、毛包のなかにある幹細胞が生成しているから、それが生きていなければならない。
逆に生きていれば復活も可能だ。
毛が抜けそうで弱りだしているレベルなら、適切な治療でAGAの進行を食い止め、さらに弱った毛をよみがえらせることもできるのだという。
それがAGAクリニックで処方されるフィナステリド薬だ。
このフィナステリドだが、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の作用を抑える効果がある。つまりAGAの進行を食い止めてくれるのだ。
ただ、この薬を男子を妊娠した妊婦などが触れるのは危険である。だから扱いは要注意しなければならない。
とはいえ、錠剤はコーティングされているので大丈夫らしい。
そんなわけでこれから新宿のAGAクリニックに行ってくる。
新宿といえば紀伊国屋がある。
紀伊国屋といって新宿通りのアルタの並びを想像するか、高島屋の裏を想像するかで、その人の世代や環境がわかる。
どうしても自分は高島屋の裏の本屋が紀伊国屋だと思えない。高島屋の本屋と頭のなかでリンクされてしまう。
紀伊国屋以外にも大きな本屋はあるが、新宿という土地柄学生が多いと思った。
そういえば今ビックロがある三越に昔本屋があったはずだが、あれがつぶれたのは痛かった。あそこの本屋はとっても便利だったからだ。結構すいてたけど。
だから撤退したのか。それ以前にビックロになったから仕方ないんだろうけど。
高島屋のほうの紀伊国屋はタリーズコーヒーには立ち寄るが、本屋エリアにはいかないな。
でもエレベーター移動が不便な新宿駅近くのほうよりも移動は便利そうだ。
もう少し移動が楽になればな、と思う自分である。

神楽坂

JR飯田橋駅の西口改札側に出ると神楽坂の坂の前に出られます。
外堀通りを越えると上り坂となり、そこはもう新宿区神楽坂です。
少し上がったところにマクドナルドがあるんですが、このビルはかつてツインスターという伝説のディスコがありました。今はツインスタージオスセガという名前になっていて、名前は残っています。
マクドナルドの場所も昔はウェンディーズだった記憶があります。たしかそうですよね。
ワンレンボディコンとウェンディーズが記憶に残ってるんです。
ツインスター、コスプレダンパなども行われていて、今のコスプレクラブイベント的なものの走りだった記憶があります。
それを仕掛けたのは今はアニメグッズショップで有名なブロッコリーだったそうです。
今では信じられないですが、当時の神楽坂はオタクの街でもあったんです。
だから神楽坂って古風な街というイメージですが、僕ら世代にはバブル臭のする街です。
まあ接待とかで使われる料亭などもたくさんあり、バブルはバブルなところだったんですけどね。
今でもセレブと昔からの住人の両方が住んでいて、夏祭りや歩行者天国などはとても下町っぽい雰囲気です。
神楽坂は結構急な坂で上りきると神楽坂駅が現れます。東西線の神楽坂駅のほかに00年代になってからは都営大江戸線の牛込神楽坂駅もできました。
昔出版社で働いていた頃はよくこのあたりの編集プロダクションに行ったものです。実はこの界隈、編集プロダクションや中小の出版社が多いエリアだったりするんです。
出版系の仕事ってハードワークなので体を壊す人も多く、そのためか薄毛の人がたくさんいた印象です。みんな薄かったなって。
でも実は薄毛の原因は男性ホルモンらしくストレスや不摂生などは主だった理由ではないそうです。もちろん無縁ではないそうですが。
なりかけでまだ毛が残っている薄毛なら投薬などで進行を食い止められるそうですが、毛がなくなってしまった箇所に再生はできません。
そうなると「自毛植毛」の出番です。以前は人工血管などに使われる素材で毛を作り植毛していたらしいですが、危険性などの観点から最近は避けられるようになり、
今は自分の後頭部や側頭部の毛を一部皮膚ごと薄毛の部分に移植する自毛植毛が普及してきました。
毛包ユニットごとの移植なので毛包幹細胞も生きたまま移植され、高い生着率でちゃんと伸びて生え代わる自分の毛が復活するそうですよ!

東新宿

AGAは男性型脱毛症の頭文字をとった略称です。
男性ならではの脱毛症という意味ですが、要するにいわゆる薄毛です。
円形脱毛症などのストレスなどからくる脱毛と違い、AGAの脱毛はおでこの生え際がM字に交代していくとか、全体に交代するとか、頭頂部の毛がいつの間にか少なくなっていくとか、一般的な中高年の薄毛です。
男性の薄毛の原因は主に男性ホルモンと言われています。テストステロンという男性ホルモンがあるのですが、このテストステロンが変化してDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンになり、これが毛の成長サイクルを早めてしまうのだそうです。毛は一定期間の間に成長期と退行期、休止期を繰り返すのですが、これが速まるために十分毛が成長しないうちに抜け落ちるようになり、そもそも細胞が死滅してしまうと、そこからは毛が生えてこなくなるのです。

そのDHTの働きを抑えるのがフィナステリドという薬です。
もともとは前立腺の病気などに使われていたのですが、毛が増えるという副作用が報告され、それ転じて毛を増やすための薬に使われるようになりました。
とはいえ死滅してしまった場所に毛母細胞を再度生成することはできないので、フィナステリドはあくまでまだ毛が残っているうちに使うんだそうです。
薄毛を食い止める薬ということなんですね。

今、私は新宿区に住んでおり区内に通院しています。AGA治療を始めることにしました。まだ経度との診断をいただいておりまして、フィナステリドが処方されました。
新宿の明治通りぞいは意外とまだ開発されていない場所が多くて、最近だと東新宿の駅周辺が大規模に再開発されました。
golf
あそこは昔、日テレのゴルフの打ちっぱなしがあって笑っていいともの終わりでタモリが来ていたそうです。僕もお見かけしたことがありました。
今は高層ビルができて東新宿からすぐオフィスビルのほうにいくことが出来るようになっています。
よく番組のロケなんかでもあそこは使われていた記憶があります。でも90年代の話ですけどね。
他にも郊外っぽいユニクロとかドライブスルーのファーストフード店などもあります。
新宿ってまだまだ面白くなりそうな地域なんだなと感じました。あと池袋に行くのも実は便利です。